誰でもできる!簡単セフレ募集の仕方

きれいな女性の中には、男性から見れば美しく見えるのに自信がないため、自分はこれくらいの人としか付き合えないと思っている人もいるようです。男性も同じで、魅力はあるのに自信がもてず女性になかなか声がかけられない人もいます。ですが、セフレは誰でも作ることができます。

また、セフレは恋人と違ってやり方次第で作りやすいともいえるのです。なぜなら、体だけの割り切った関係なので容姿や体型はあまり気にしない、好奇心だけで体の関係をもちたいという人もいるからです。なので、容姿や体型に自信がない人も、セフレを作る可能性はいくらでもあります。

ですが、その方法を知らないため、どうやってやればいいかわからない人が多いのです。どれだけきれいな人、イケメンな人でも砂漠に一人でいても誰も声をかけてきません。なので、セフレがほしいのにセフレがいない人、恋人がほしいのに恋人がいない人は、自分のことを良いと思ってくれる人と出会っていないだけなのです。

なので、今はいないからといって落ち込む時間があるなら、自分と合う人を探すことに時間を使ったほうが良いでしょう。では、その方法を見ていきます。1つは、ネットでセフレを募集するという方法です。ネットでセフレを募集している人は調べると何人か出てくるので、そうした人を参考にしても面白いでしょう。

ブログやソーシャルメディアは、個人でも無料で使えますし、すぐに人とのつながりを作ることができるので、気軽にスタートすることができます。それも、実名じゃなくニックネームでできますし、顔を出す必要もないので、ネットを使っているからといって誰か身近な人にバレるということもありません。

ソーシャルメディアであれば、すぐにスタートできて、自分と同じ趣味を持った人とつながりやすいといった特徴があります。ソーシャルメディアには、コミュニティと呼ばれる趣味や特技が合う人たちが集まるところがあり、そこでまずは色々な人と交流してみるのは、どうでしょうか。いきなり「セフレになってください」は、たとえ趣味が同じでも言えないですよね。

なので、まずは趣味が同じというところから、相手と仲良くなっていきます。顔写真を載せている人であればなおさら、自分のタイプかどうかわかるので、そこも意識しておきたいところ。ソーシャルメディアによって、顔出ししている人が多いところもあれば少ないところもあります。フェイスブックのように、顔と名前出しが義務付けられているところであれば、そうしたセフレネタはあまり書けないかもしれませんが、相手の顔と名前もしっかり分かるので、信頼性は高いといえます。

それと一緒にブログもやっていれば、ブログに自分のセフレを募集していることや、普段の日記や写真などを書いて自分はどういう人かを載せていくと、相手からしても信頼されやすいでしょう。セフレがほしい人はあまり怪しいと思わず自分の話を聞いてくれるかもしれませんが、やはり自分も相手からセフレになってくださいと言われたら、怪しいと思いませんか?

なので、全然誰とも交流できないと思ったら、自分は怪しいと思われているのかもしれないと思ってもいいでしょう。セフレがほしい人で、この人なら一時的に遊べそうだなとか、面白そうな人だから交流してみたいなと思われるようなブログとソーシャルメディアができれば、ネットでも相手が見つかりやすいでしょう。

実際にやっている人の例では、ソーシャルメディアとブログに自分の日記と、性生活の写真を顔は出さずに載せていて、それを見た人が声をかけてくるというものです。これだと、全国の人とすぐにつながれますし、一人で外を歩いてセフレを見つけるより簡単に見つけやすいといえます。では、ネットじゃなくリアルの場面で誰でも簡単にセフレを作るにはどうすればいいでしょうか?

リアルの場合、まずは自分の在り方を見直しましょう。リアルで会うということは、ネットと違い自分を出さないといけません。なので、セフレにしたくないと思われない格好やマナーをすることは、相手への敬意にもなります。自分はセフレはほしいけど、別に不潔でも関係ないというのは自分の都合なので、相手からすればいい迷惑になるでしょう。

男女問わず、相手は清潔に越したことはありませんよね。あとは服装も会って相手が恥ずかしいと思わない格好をすることも大切です。あとは、自分は本当にセフレがほしいと思っているのかということは、最も大切なポイント。セフレをぽんぽん作ってしまう人は、罪悪感や断られた時の嫌な気持ちよりも、セフレができてからの楽しみのほうが強く、自分ならセフレができて当たり前といった軽いグリップでいるから、軽く相手に声をかけることができ、その回数も多いため、一定の確率でセフレを作ることができます。

セフレを作るためには、営業と同じで声をかける数を増やすことが大切です。一人の断られたからといって諦めてはいけません。逆に、そこで諦めることは、本当にセフレを作ろうとしているか疑問です。本当にセフレがほしいなら、セフレが出来た時の喜びのほうが大きいはずなので、まずはセフレができた時の喜びをイメージするところから始めてみるといいでしょう。

そして、次は場所です。その在り方ができていれば、あとはどこで会うかといった場所を決めることがポイント。セフレを作るということから程遠い人と会うより、ちょっとしたきっかけでセフレになりそうな人と出会うほうが、セフレが作りやすいのもいうまでもありません。なので、クラブや飲み屋、夜の飲み屋街などのナンパスポットで声をかけるほうが、図書館や美術館で声をかけるより成功率が高くなるのはいうまでもありません。